岩 木 山 神 社



◎ご祭神
  顕國魂神(うつしくにたまのかみ)
  多都比姫神(たつひひめのかみ)
  宇賀能賣神(うがのめのかみ)
  大山祇神(おおやまづみのかみ)
  坂上刈田麿命(さかのうえのかりたまろのみこと)
以上の5柱の神を総称して岩木山大神(いわきやまおおかみ)と唱え、開運招福の神さまとして崇められております。

◎由緒沿革
 当社は昔から「お岩木さま」「お山」と親しんで呼ばれ、陸奥津軽の開拓の神、農海産物の守護神、また祖霊の座すところとして崇められております。
 神山・霊山である岩木山は津軽全土から仰望せられ、人々に慈しみの徳を授けたまい、郷土人の生活と心のよりどころであります。
 岩木山大神は太古より神霊岩木嶺にお鎮りになられ、今から約1200年前、宝亀11年(780)社殿を山頂に創建したのが当社の起りです。
 延暦19年(800)征夷大将軍坂上田村麿これを再建し、別に山麓十腰内の里に下居宮を建立して、山頂を奥宮と称し、寛治5年(1091)神宣により下居宮を現在地に奉遷いたしました。その後、世々の地頭・領主何れもがよく崇敬の赤誠をつくし、江戸時代には津軽藩主為信・信牧・信義・信政により大造営が行われ、近代には崇敬者の熱意を集めて、建造物、諸施設とも整い、名実ともにその偉容を誇り、畏き辺りも日本の北門鎮護の名社として、農業・漁業・商工業・医薬・交通関係、とりわけ開運招福の神として、色々の宗派を超え、深い信仰の源として厚く崇敬されております。
 新しき時代に向い、ご神徳のまにまに、日本人の心の絆としてひとしく拝し、ご神威ますます輝かしく仰ぎ奉られるのであります。大國魂鎮守・旧國幣社。

◎重要文化財
 本殿 奥門 瑞垣 拝殿 中門 楼門 お山参詣(無形)
 

◎お山参詣(重要無形民俗文化財)
 旧暦八月朔日、秋の稲穂の波打つ頃、五穀豊穣の感謝と祈願をこめ、山頂奥宮に村落毎に団体で登拝する古くからの行事です。登拝に先立ち、各村々の産土神の社に一週間精進潔斎し、新しい白装束に身を固め、登拝回数に応じ色とりどりの御幣を持ち、別に大幟や大御幣を力自慢の若者が捧持して登山囃子も賑々しく唱和して街道を練歩き、総産土神の大社と称える岩木山神社に参拝します。神域の禊所で再び身を清め、神前で修祓を受けて、夜半に至り朔日山の朝日を拝すべく元気に奥宮に向い登山します。その道程約六キロ七曲坂の難所、女人禁制時代の名残り姥石、焼止りで中腹、浄水湧く錫丈清水、種蒔苗代の池で占いし、急な御坂を経て、四時間で奥宮に達します。現今は登拝のためにスカイラインも開通しています。

《登山囃子唱文》

 懺悔懺悔(さいぎさいぎ)
 六根懺悔(どっこいさいぎ)
 御山八大(おやまさはちだい)
 金剛道者(こんごうどうしゃ) 
 一々礼拝(いちになのはい)
 南無帰命頂礼(なむきんみょうちょうらい)


《下山囃子唱文》

 宵山かけた(よいやまかけた)
 朔日山かけた(ついたちやまかけた)
  (あゝ)
 萬足萬足よ(ばたらばたら)

◎県重宝
 釣燈籠 日本刀綱廣 舞楽面

◎所在地
 弘前市大字百沢 電話0172−83−2135(代)

 

Web東奥トップページへ

青森県神社庁ホームページへ